2018.09.25

【宮城県仙台市・広瀬川】ヤマメ・イワナ釣り 街なかで楽しめる意外なポイント

つりチケ編集部
今回は、宮城県仙台市ならではのオススメの釣りスポット、広瀬川をご紹介します。

主に、これから釣りを始めたいという初心者の方や、小さなお子さんと一緒に釣りを楽しみたい、釣りの経験をさせてあげたいという親御さん向けのオススメスポット。

安心してヤマメやイワナ釣りを楽しめる、大変にいい場所ですよ。

川釣りを杜の都の街なかで楽しむ贅沢

ヤマメもイワナもアユも釣れる広瀬川

「青葉城恋唄」の冒頭にも出てくる、仙台の街なかを流れる同市のシンボルとも言える広瀬川。

一級水系の名取川の支川で、千代大橋と名取大橋のその先で本流の名取川と合流します。

今回はその上流ではなく、あえての街なかでのヤマメ・イワナ釣りをオススメします。

この地は、春からはヤマメとイワナ、マス、夏にはアユ。そして秋には遡上するサケと、市内にありながら季節を通じて魚と自然を観察できる格好のスポットなんです。

その立地もあってか、シーズンには多くの釣り人の姿が。

広瀬川の入渓ポイントから気になるアクセスまで細かくご紹介!

入渓ポイント

おすすめのポイントは宮沢橋広瀬橋、その先の鉄道橋付近です。

最寄りの駅、地下鉄河原町駅を南1から出て丸菱ビル方面へ進むと目の前に見えてくる宮沢橋。

広瀬川沿いの土手へは、この橋の手前の脇道から降りることができます。

川沿いにこの土手を伝って行けば、上流には広瀬川緑川緑地、下流には広瀬橋や鉄道橋といった今回の釣りポイントに。

駅から徒歩数分圏内なのも嬉しいですね。

交通の便がよく安心な立地という魅力

市内にほど近い立地でありつつ、なおかつ、要所の駅からも徒歩数分で着く場所。

車の場合は近隣の運動場や武道館に停めるのは迷惑になるのでやめましょう。

川岸もそこそこに広いので、散歩やウォーキングといった運動をされる方々をはじめ、常に誰かしら周りに人がいる事も嬉しい点。

万が一のことを考えても、安心して子どもと一緒に釣りを楽しめる場所です。

基本的に水深も非常に浅く、川の流れも普段はとても穏やか。大きな岩も少ないところも子ども連れには安心です。

心強いベテランがいる釣り場

意外ですが、ここ広瀬川は日頃からベテラン釣り師のみなさんがよくいらっしゃるスポット。

アユ釣解禁時にはとくに多く見かけますが、ヤマメやイワナを常に狙っている方も実は多いんです。

もし、ヤマメやイワナ釣りに関してわからないことがあったら、いろいろと相談をなさってみてはいかがでしょう。きっと快く教えてくれるはずですよ。

ただし、質問するタイミングだけはご慎重に。

まとめ

今回は宮城県仙台市を流れる広瀬川の釣りスポットをご紹介しました。

釣り、それもヤマメやイワナを狙う渓流釣りとなると、山のなかの上流に行かないといけないのでは、と思う方も多いかもしれません。

そんな二の足を踏んでいらっしゃる方にも、入門場所として大変にオススメできるスポットです。

初心者や子ども連れ、家族連れの方でも安全に釣りを楽しめるのはもちろん、中級者から上級者の方でも、杜の都の風を感じつつ釣りを楽しめる格好の場所となっています。ぜひ訪れてみてください。


宮城県仙台市広瀬川 宮沢橋~広瀬橋付近
営業期間:ヤマメ、イワナは3月1日から9月30日まで

住所:宮城県仙台市若林区河原町または宮城県仙台市太白区根岸町付近

せんだい旅日和: http://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/view/94

遊漁券の準備もお忘れなく

川で釣りをする時には、遊漁券の購入が必要な地域が多いです。

行きたい川が決まったら、「川の名前」と「漁協」で検索、どこの漁協が遊漁券の販売を管轄しているか確認しましょう。

現在はネットで遊漁券を購入できるサービスもあるので要チェック。
つりチケは、スマホやPCで遊漁券を購入できるWEBシステムです

つりチケならスマホやPCで遊漁券が買えるから、

・販売所が開いていない早朝でも
・販売所まで遠い山奥の釣りスポットでも

もっと釣りを楽しめます!